ちょっと知ってみませんか?女性ホルモンチェック!

2018.2.9

「女性ホルモン健康度チェック」はこちら http://www.selfdoctor.net/check/2008_04/

女性ホルモンって何?
女性ホルモンとは、女性の一生を通じて肌や身体、心や脳にまで様々な影響を与える物質の総称です。まず女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。
エストロゲンは美のホルモンとも呼ばれ、女性らしさを作ります。子宮内膜を厚くしたり、卵子を育てるといった基本的な働きの他に、肌の潤いやハリを出す、新陳代謝を促して痩せやすい身体にしたり、骨や血管を丈夫にする、記憶力をアップさせるなどの働きを持ちます。
プロゲステロンは母のホルモンとも呼ばれ、妊娠を維持する働きがあります。子宮内膜をさらに厚くしたり、卵胞の発育を抑制する働きの他、皮脂分泌を活発にしたり、水分を溜め込む作用や新陳代謝を遅らせる働きがあります。

女性ホルモンの分泌の条件とは?
エストロゲンは、排卵前までに分泌量がピークになり、排卵後にはプロゲステロンが増えていきます。この2つのホルモンが脳からの指令を受けて卵巣から分泌されて1ヵ月サイクルで月経が起きます。
この「脳からの指令を受けている」ということがとても重要で、この指令によって女性ホルモンのバランスが左右されます。1ヵ月の月経サイクルの中で月経期、卵胞期(エストロゲンが多い時期)、排卵期、黄体期(プロゲステロンが多い時期)それぞれで脳と卵巣のやり取りを密接に行っています。
この指令のやり取りをスムーズに行わせることが女性ホルモンの分泌のために大切な条件です。脳が関わっているため、ストレスや生活習慣の影響も受けやすいのが特徴です。
女性ホルモンが美肌や美ボディをつくる
脳と卵巣の指令のやり取りがスムーズに行えて、女性ホルモンがきちんと分泌されると妊娠・出産のためだけでなく、女性としてとても嬉しい働きがたくさんあります。
まず、女性ホルモンのエストロゲンがお肌のハリ・弾力に関わるコラーゲンやヒアルロン酸を作ってくれるので、ハリと潤いのある美しい肌になります。
また新陳代謝もアップしますから、痩せやすい身体を手に入れることもできます。ただし、エストロゲン・プロゲステロンのどちらかだけが過剰になってしまうと女性らしい美肌や身体は手に入りませんので、あくまでバランスを大切にして女性ホルモンを味方につけましょう!

Top